葬儀を執り行う前に確認しておきたいこと

葬儀社にすべて任せることが出来る時代になったとはいえ、葬儀を執り行うためには事前に確認しておくことがあります。故人や家族の宗教にあった形式で執り行う必要があるものの、場合によっては無宗教で行うことも珍しくありません。

先祖代々守り続けているお墓がある場合は、そのお墓のあるお寺の宗教や宗派によって行いましょう。もちろん詳しいことが分からない場合でも、お寺に問い合わせることで親切に教えてくれるので大丈夫です。

それから葬儀はどのぐらいの規模で行うのかを決める必要があります。これはさすがに葬儀社が決めることは難しいでしょう。相談することは可能ですが、どのぐらいの人数が来るのか予想できるのは葬儀社ではありません。故人にゆかりのある人たちがどのぐらいいるのか、どんな人たちと付き合いがあったのか改めて確認しておく必要があります。

他にも、お金のことも大切です。葬儀は形式によってかかるお金も様々です。規模が大きくなればなるほどお金がかかります。故人が法人会社の上役などであれば家族葬ではなく社葬という形で執り行う場合もありますが、社葬の場合、必要と認められた部分の金額は、会社の経費から払われることがあるケースがあります。故人の業績を讃えるとともに、会社の今後の体制や後継者を披露する場となる場合もあります。