葬儀の前にどんな準備が必要か

その国によって法律は様々ですが、日本では死亡したことを医師が確認して、死亡診断書を作成します。これがなければ火葬することも、もろもろの手続きを進めることも出来ません。葬儀だけでなく役所への手続きや生命保険の手続きなどに必要になりますから、何枚かコピーを持っておくとスムーズでしょう。病院で逝去した場合、亡くなったことを確認したあとは、逝去時ケアといって看護師たちが遺体を綺麗に拭いてくれます。そこから葬儀社へ連絡を入れてから故人の遺体を運びます。

自宅で亡くなった場合も同様に、医師に死亡診断書を作成してもらい、葬儀社に連絡を入れて遺体を運びます。

このとき、お世話になった病院によっては、出入りの葬儀社が搬送業者として決まっている場合があります。突然の事で葬儀業者を決めていなかった場合は、出入りの葬儀社に搬送、葬儀をおまかせするといったケースは少なくありません。あらかじめ葬議をする業者が別に決まっている場合、搬送だけお願いすることも可能です。どの葬儀社でどんなプランが用意されていて、それらにはどのぐらいお金がかかるのか下調べしておくことが大切です。

葬儀のことを事前に調べることは縁起が悪いわけではありません。そのときになって慌てることのないように、どんな準備が必要なのか確認しておきましょう。