葬儀にはいろんな種類がある

一般的に葬儀と言ってもさまざまな形式がある時代になりました。今の時代は核家族化が進んだことなどがきっかけになり、葬儀そのものの規模が多様になっています。なおかつ葬儀社で行うという人も少なくありません。そのため、葬儀社によって様々な形式が用意されています。

例えば一般葬と呼ばれるものは、家族や身内はもちろんのこと、知り合い、職場の同僚、友人、ご近所さんなど故人と関係のある人たちが参列するものです。故人と知り合いであればだれでも参列することが出来る形式なので一般葬という名称になりました。

時代の流れとともに増えているのが家族葬です。はっきりとした定義はありませんが、人数は小規模で30人程度で行われます。家族や身内だけで執り行う場合や、家族や身内のほかに親しい付き合いがあった人たちだけが参列するという形式です。高齢化社会によって故人の知り合いが限定されているときなど家族葬を選択することが多いです。

直葬と呼ばれる形式もあります。日本の法律で臨終してから24時間以内の火葬は出来ないため、火葬までの時間は確保されます。病院からそのまま火葬場へ行ってすぐに火葬をするという流れではなく、納棺もありますし安置する時間も設けられているので、故人との別れをゆっくりとしのぶことはできるようになっています。