葬儀にはどのぐらいお金がかかる?

葬儀にどのぐらいお金がかかるのか気になるところです。あくまでも一般的な相場ですが全体的な平均はおよそ200万円です。その内訳は葬儀にかかる一式の平均が120万円前後で、これには遺体の搬送からお通夜、告別式、そのほか火葬などにかかる費用と、それらにかかわる人件費などが含まれています。

お通夜や葬儀でかかる飲食代が30万円前後ですが、こちらは人数によって大きな差があります。葬儀業者にすべてを任せることもできますし、自分たちでお店を予約、手配することも可能です。

お寺にかかる読経費用や戒名費用はおよそ50万円前後です。日ごろお世話になっているお寺にお願いしてお坊さんに来てもらうか、お寺とお付き合いがない場合は近所のお寺で探します。このときの読経費用や、戒名授与などに対するお礼が寺院費用に分類されます。特にお布施は相場の見極めが難しいところですが、同じお寺に依頼した方々の経験談を参考にするといいでしょう。

これらすべてをトータルしたものが葬儀費用です。身内だけで葬儀を済ませるか、それともお世話になった方々を招くかによって費用も大きく違ってきます。例えば身内だけなら飲食代にそれほどお金がかかりませんし、無宗教などで儀式にこだわらないのであれば葬儀にかかる費用をさらに抑えることが可能です。