なぜ葬儀を執り行う必要があるのか

なぜ葬儀を執り行う必要があるのか、それは人は誰もが一人では生きていくことはできないからです。仕事でもプライベートでも、仲間や友達などの付き合いがあって生活が成り立ちます。家族を持てば家族と一緒に暮らすことが当たり前の日常です。

誰とも接することなく一人で生きているわけではありません。付き合いのある人の数は様々ですが、そんな付き合いのある人と永遠の別れが訪れることはひどく悲しいことです。生きていたときの付き合いに感謝の気持ちを込めたり、改めて生きていくことや命の大切さを考えるきっかけになるのが葬儀です。

葬儀を行うことで人の気持ちは徐々に整理がついてくるといいます。親しい人、身近な人と永遠に別れることは辛いことですが、身内や仲間たちと亡くなった人を送ることは悲しみを乗り越えるために必要です。

また、葬儀のような儀式には故人が本当に亡くなったが間違いないことを関係者たちがみんなで確認したり、確認できたことで公的な手続きを進めることができます。それから亡くなった故人本人の魂を供養することも儀式の目的のひとつでしょう。宗教的な違いや文化の違いは少なからずありますが、故人を忍んで故人の魂を供養するという意味合いはどの宗教にも共通していることです。